Hatena::Groupbabel

カーネルハッカーを目指す男の日記

 | 

2014-10-31

Validating Receipts With the App Store

01:43

現場にて、appleの課金処理にてエラーが出ていた。

調べて見ると、ステータスコード21002なるものが返ってきてる模様。

下記サイトを見ると、「The data in the receipt-data property was malformed or missing.」とある。

要するに正しくreceiptデータが返却されていないようだ。

https://developer.apple.com/library/ios/releasenotes/General/ValidateAppStoreReceipt/Chapters/ValidateRemotely.html

これが返ってくるパターンは何だろと思って調べてみると、下記のような記事を発見。

http://stackoverflow.com/questions/21541634/apple-receipt-validation-21002-from-ruby-on-rails-with-typhoeus-gem

これを見る限り、JB device やら、IAP cracker やらを使って、悪い事をして課金しようとした時に起こるらしい。

この記事だとRuby on Railsで、僕が使っているのはPHPだけれども、多分原因は同じではないかと。

悪い事している処理をはじいてくれてるってことだから、このまま放置していても問題無いのか?

うーん対応するとしたら、ネイティブ側なんだろうか。。。

難しい。

 |